音楽・ダンス・エンターテイメント業界とともに人材育成する学校

OSMで築いたミュージシャンとしての魅力
それがわたしの原動力

OSMで築いたミュージシャンとしての魅力
それがわたしの原動力

卒業生インタビュー

シンガーソングライターコース 2017年卒
Transit My Youth
ナカヤマ ポンタさん (Vo&シンセサイザー)

Transit My Youth

2018年にはFM大阪主催LIVE SDDのオーディションを勝ち抜き大阪城ホールでライブを行う。同年8月には出れんの!?サマソニ!?2018のオーディションを勝ち抜き、SUMMER SONIC 2018に出演など、その認知度を確実に高めている。

音楽を始めたきっかけを教えてください。

幼少の頃から好きなこと、興味のあることは頃からたくさんあって、色々やってはみたけど、最後まで飽きずに好きでいたのが「歌うこと」でした。
高校生になって、バンドっていいなー、バンドやりたいなー、と思っていたけど「バンド組もう」の一言が口に出せず、ギターでひとり弾き語りをしていましたね。
そんな中、高校3年生の夏休みに体験授業で訪れたのがOSMでした。

学生時代で印象に残ってることはありますか?

学園祭のときのエントランスステージ。今思えばそれが初めて自分の歌を人に聞いてもらった瞬間ですね。当時はまだあんまり自分から「出たい!」なんて言えるような感じではなかったんです。学内でのイベントも多かったことや、講師の先生に声をかけてもらい、背中を押されてやっと出れたというところでしょうか。今でも思い出しますね。

どんな学生でしたか?

在学中、うたとギターをする!って決めきっていたのでピアノの授業はほとんど出なかったんです。
でも今シンセ弾いていたりするから、いつどこでなにが必要になるかはわからないなって。幸い、座学でピアノのスケールのこととかの知識は入ってたので、なんとなくでも進めていけたのですが、、いろんなことに興味を持ってアンテナを張るって、大事だと痛感しました。

どうすれば“好きを仕事に”を叶えることができると思いますか?

うーん、一言でいうのは難しいけど自分から声をかけて物事を進めていくことですかね。
わたしも昔は声をかけることができなくて弾き語りをしていたけれど、今こうしてこのメンバーでバンド組めているのも声をかけて動けたからだなって。
あとは縁。学校で知り合った友人。卒業してから仕事としてつながったりすることもよくあります。わたしは今でもOSMでお世話になった先生とご飯に行ったり近況報告したり・・・。尊敬できる恩師が遠くではなく身近な存在でいてくれることは自分にとって大きな支えになっています。

中学生や高校生、これから職業を目指す子どもたちにメッセージをお願いします。

わたしも高校3年生の夏、体験入学のエンディングライブでみたバンドが格好よくて「あっち側にいきたい」って思っていました。いいなと思った気持ちを思い続けること、何事もやり続けることで、実現できることっていっぱいあると思います。好きな気持ちを大切に、なにかひとつでもいいので続けていってもらえたらいいなと思います!

ナカヤマさんと同じ授業を
受けれるのはこちら!

シンガーソングライターコース