音楽・ダンス・エンターテイメント業界とともに人材育成する学校

ラジオで出会ってほしい音楽を
誰かの声で、より素敵に届けられる仕事

ラジオで出会ってほしい音楽を
誰かの声で、より素敵に届けられる仕事

卒業生インタビュー

ラジオ番組制作コース 2003年卒
ラジオ番組ディレクター 岡井絵美さん

岡井絵美

大阪のラジオ曲FM802(https://funky802.com/)番組ディレクター

岡井さんのされている仕事について教えてください。

大阪のラジオ局、FM802で番組ディレクターをしています。
仕事内容は番組内で放送する曲をリクエストから選定したり、番組内で紹介するイベントなどの原稿作成。それからアーティストのインタビューや取材をしたあとに内容を編集し、放送できる状態にする「完パケ」へと仕上げたり、細かく分けると様々です。
ディレクターとして自分でジャッジや指示をする立場でもあるので、責任のある仕事です。
今は火曜日放送の
ROCK KIDS 802 -OCHIKEN Goes ON!!-と、
金曜日放送のFRIDAY Cruisin' Map!!を担当しています。
ラジオはテレビと違って、ひとつの番組を少人数のスタッフで作っています。少人数チームならではのファミリー感というか、結束力があるのもラジオの番組制作ならではだと思います。

仕事を始めたきっかけを教えてください。

高校生の頃、漠然と好きなことを仕事にしたいって考えたんですよね。自分にとっての「好き」は何だろう?って思ったとき、まっさきに浮かんだのが「音楽」でした。昔からラジオが大好きでずっと聴いていて、元気をもらったり励まされたりしてて。私も音楽を「届ける」仕事に就きたいと思い、OSMに入学を決めました。
OSMは現場でお仕事をされているプロが講師として来てるんですよね。授業でFM802のDJでもある浅井博章さんの授業が受けられてすごい感激でした。
学生時代からFM802で働きたい!と思っていたので、先生や周りの友人にもアピールしてたんです。それを耳にした浅井さんから「DJをしている番組でアシスタントディレクターを探しているから受けてみなよ」と話を戴き、面接を受けてアルバイト研修からスタートしました。

学生時代で印象に残っていることはありますか?

2年次に進級したころから、インターンとしてFM802で仕事をしていました。インターンと授業との両立で忙しい日々でもありましたが、授業では実際の放送局で本物さながらの番組を制作してて、それがすごく楽しくて。印象に残ってますね。学生時代から現場に出向いてプロの講師からアドバイスを受けられるので、仕事を身近に感じることができ、学びや気づきが多かったです。

仕事のおもしろさについて教えてください。

ラジオには、相手の顔がわからなくてもリスナーと繋がっていると感じられる瞬間が多々あります。
番組に届くメッセージであったかい気持ちをもらったり、時には一緒に悩んだり、相談に乗ったり。
そして、DJの方々やアーティストさんと一緒に仕事をしていく中で得られる喜びがあって、それがあるからこそ頑張れる仕事でもあります。私もそうですが、学生の時に聴いていたラジオのDJさんとか、そこで流れてた曲って意外と記憶に残っていたりするんですよね。
今はYouTubeや配信で自由に音楽が聴けるツールが多くなっていますが、ラジオの仕事の魅力は誰かの声で、より素敵にその曲を届けられることです。ラジオで出会ってほしいと思える音楽を届けています。
あとはアーティストさんのインタビューや取材などで、その方の素を知ってもらえるところも魅力でしょうか。人柄や笑い声とか、話をする間もそうですが「声」を通してダイレクトに届く。それを伝えていく側であるということは私にとって喜びでもありますし、これ以上にやりたいことが見つからない。もう、生活の一部になっています。

どうすれば“好きを仕事に”を叶えることができると思いますか?

まずは自分の「好き」を見つけることではないでしょうか。好きなものが見つかったなら「やってみたい」とアピールすることが大切です。私自身、普段からあまり主張するタイプではなかったのですが、振り返ってみると……そうですね。好きなものの事となると、無意識の内に人へ伝えていることが多かったです(笑)でもそれってやっぱり、自分の中で想っているだけではなく言葉にして始まるものがあるってことではないでしょうか。

中学生や高校生、これから職業を目指す方たちにメッセージをお願いします。

好きなことを仕事にしたいという気持ちがあるなら、その好きな気持ちを大切に、どんどんアピールしてほしいと思いますね。ラジオは人と人が支えあって成り立っているメディアです。「音楽が好き」「人が好き」なら大丈夫。チャンスはみんなにあります!是非チャレンジしてください!

岡井さんと同じ授業を
受けれるのはこちら!

デジタルメディアワールド