音楽・ダンス・エンターテイメント業界とともに人材育成する学校

自分にできることを
自分のフィールドで続けていく

自分にできることを自分のフィールドで続けていく

卒業生インタビュー

サウンドクリエーターコース 2004年卒
DJ YASAさん

DJ YASA

世界で最も長い歴史を持つ権威あるDJ Battle “DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIP” にて世界5連覇ギネス保持者。自身のオリジナルビートミュージックを武器にジャンルを超越した選曲、2枚のレコードを駆使し作り出されるサウンドストーリー、唯一無二の独特なスクラッチフローなど、他とは一線を隔す衝撃のライブを展開。
Kireek (Japan) - 2011 DMC World Team Championship Performance

YASAさんのされているお仕事・活動について教えてください。

まず主にDJとしてクラブや、パーティーなどでパフォーマンスをしています。自身のレーベルでもあるPLANT RECORDS (https://www.plantrec.com/) から音源のリリースや広告代理店からの依頼でCMの音源制作など企業の方と一緒にするお仕事もあります。
他にもミュージックサロンで講師としてDJを20年間ほど教えています。元々ストリートから始めたDJを教える側にいれるというのは、ひとつ自分の目標でもあったので感慨深いものがありますね。

学生時代で印象に残ってることはありますか?

クラスみんなの前で自分の曲を発表する楽曲視聴会ですね。
当時DJにハマっていたのでターンテーブルだけで作曲したものを提出したんです。
当然周りのクラスメイトの作る楽曲とは全然違って。感覚だけで突っ走ってたから、今聞いたら絶対恥ずかしいと思います(笑)
結果、講師の先生から「君の作っているものは、音楽とはちょっと……違うのでは?」と言われてしまい、自分の好きなことと世の中のニーズとの違いを肌で感じ考えさせられる瞬間でもありました。みんなと同じものを作りたいわけではないけど、実験的に作った自分の楽曲を100%の自信を持って出せたわけでもない。ストリートの仲間うちだけでの「かっこいい」は通用しないと知るいいきっかけとなりました。

どんな学生でしたか?

入学する前からやりたいDJの方向性は明確に決まっていました。だからこそ、そこに到達するまでに必要なスキルは何かと考えたときに、自分の楽曲を自分自身で作曲できるようになることだと考えました。
自分の曲を作って売れるって、すごいことだと思ってましたし、夢のようなことですよね。当時は自分に足りないものを埋めようという思いで学んでいました。

YASAさんはDMCで5年連続優勝されましたね。当時のエピソードを教えてください。

元々、相方のDJ HI-Cとは同じイベントの現場が多く、転換のつなぎから始まったのが‘Kireek’のターンテーブリズムユニットでした。
それまで僕はシングル部門に出場し、日本チャンプを獲っていましたが、1人では出来ないことでも2人なら出来るという事をお互い良く分かっていて、それでいておもしろくって。
2007年、日本からもチーム部門でのエントリーが始まったときに僕らにも声がかかったんです。最初はロンドンまでの交通費も自腹でしたが、エントリーだけでいけると思ったら、もうやるしかない!と思って。そこから火が付きましたね。
その後、日本初の世界チャンプ4冠達成、世界記録に到達。そして2011年、ロンドンにて前人未到の世界5連覇に挑戦し、結果ジャッジ全員が僕らKireekに1位をつけるという完全優勝で世界新記録を作りました。今振り返っても、まさに夢が叶ってる瞬間でしたね。最高に気持ちよかったです。
それからは、モスクワやロンドン、中国など海外のイベントに呼ばれることも多く、毎日が目まぐるしかったですね。寝るのが勿体ないくらい、毎日が充実していました。

どうすれば“好きを仕事に”を叶えることができると思いますか?

これをやったら正解っていうのはないと思うけど、「人が喜ぶこと」を自分のできることで提供していくことでしょうか。人に喜んでもらえることを続けることで、結果として仕事になることはたくさんあると思いますし、僕もそうやってここまでやってきました。
自分にできることを自分のフィールドでやっていくことが大切です。
もちろん、自分に何ができるのかわからなくて悩むときや、不安に思うことってあると思うんですよね。でも不安な気持ちのまま立ち止まっていても何も変わりません。何でもいいから、手を動かして行動するのみです。

中学生や高校生、これから職業を目指す方たちにメッセージをお願いします。

何でもいいから続けていくこと。続けないとわからないことって山ほどあります。ひとつのことを真剣にまずは10年。長い時間ではあるけれど向き合って続けていけば必ず何か自分のスタイルを作り出せたり、仕事になっていくと思います。まずは、自分の信じた道を進んでみてください!

DJ YASAさんと同じ授業を
受けれるのはこちら!

作曲&アレンジャーデビューワールド